更年期障害の女性の多くが経験するめまい|原因とすぐにできる対処法は?

更年期障害の女性の多くが経験するめまい|原因とすぐにできる対処法は?

更年期は閉経の前後に発生し、女性ホルモンの分泌量が変化することでおきます。更年期のめまいはホルモンバランスの変化による自律神経の乱れが原因で、生理中のめまいと共通する部分があります。

ホルモンバランスの変化自体を防ぐことはできないため、更年期のめまいは自律神経の働きを整えることで対策をしていくことになるのです。

婦人科で薬を処方してもらう場合はホルモン剤や漢方で補うことになりますが、人によって効き目は異なってくるのがポイントになります。効果を感じられない場合は生活習慣の見直しや、食習慣の見直しなどで対策することになります。

更年期にめまいがおきるのは自律神経の働きが乱れやすいから

更年期にめまいがおきるのは自律神経の働きが乱れやすいから更年期にめまいがおきやすいのは、自律神経の働きが乱れやすくなるからです。自律神経は人間の感覚に様々な影響を与えています。

自律神経の働きが乱れやすくなると、体温の調整がうまくいかなくなるほか、感情の起伏が激しくなるなど様々な影響を与えるのです。自律神経の働きはホルモンバランス深く関わっていて、お互いに影響を与えています。

そのため、閉経前後のホルモンバランスの変化に合わせ、更年期に自律神経が狂いやすくなるのです。

更年期のめまいは生理中のめまいや、睡眠不足によるめまいと共通する部分があります。余りにひどい場合は休むことを心がけえるだけでなく、生活習慣の見直しが必要になるのです。

更年期になったら生活習慣をあらためる必要がある?

更年期に発生するめまいは、体の仕組みが変化することによって起こります。ホルモンバランスの変化は誰にでも起こるものですが、どの程度の影響があるかは個人差があります。

更年期障害と呼ばれる更年期に発生する様々な症状は、数百種類に及ぶといわれています。人それぞれ影響を受けやすい部分が異なるため、めまいは代表的な症状の一つになっているのです。

重要なのは、更年期に負担をかけると様々な悪影響が出やすくなってしまう点です。そのため、ストレスを避けることや体を十分に休めることが更年期のめまいを防ぐ基本になってくるのです。

忙しい場合はめまいがどんな時におきるかを分析していく

更年期であっても、家事や仕事などで休む時間がなかなかとれないという人も多いのが現実です。いつでも休める環境にあるとは限らないのが一般的なため、めまいがおきる場合はどういう場合におきるのかを自分から学んで避ける工夫が必要になります。

たとえば、午前中と午後のどちらにおきやすいかを判別し、午前中の場合は午前中に予定をつめすぎないこと、午後の場合はこまめに休息をとることなど対策が可能です。めまいは体力が低下したり、ストレスがかかると起きる場合が一般的だからです。

食事をして消化の負担がかかるとめまいがおきやすくなるなど人によって症状はかわるため、食後は少し休むなど習慣を見直すのがオススメです。

めまいを感じたら目を閉じるだけでも対策になる

めまいを感じたら目を閉じるだけでも対策になるめまいを感じたら目を閉じることも対策になります。目からはいる情報は人間に様々な影響を与えていて、時に情報量が脳にストレスを与えます。

めまいを感じている時点で脳はストレスで弱っている状態のため、目を閉じて情報を遮断することは非常に重要になってくるからです。座れる状態であれば座る、手すりがあるなら手すりなどをつかんで体重を預けるなどの行動をとることも大切になります。

ケガの防止だけでなく、めまいを早く治めるためにも有効だからです。短時間でも目を閉じることで体力の回復がはかれる部分があるため、無理をしないことを心がけるのが大切です。

視覚の刺激がめまいを誘発することもある

人間は目から入る情報を頼りに行動していることが多く、平衡感覚など目で見て判断する傾向があります。しかし、当たり前のように見ている情報が脳に負担をかけているケースも多く、情報過多によるめまいが発生しやすい原因にもなっているのです。

人間は無意識でも情報を脳で処理してしまうため、それだけストレス源になっていることがあります。スマホやパソコンなど、情報に触れる機会が増えているからこそ、めまいが頻繁におきる場合は距離を置くことを考えた方が良いのです。

眼精疲労でめまいがおきやすくなることもあるため注意です。

短時間でも目を閉じると体力回復に役立つ

めまいが頻繁におきる場合は、休む時間を確保することも大切になります。休む際は目を閉じることも重要で、短時間でも目を閉じることが体力回復に役立つことが知られています。

仕事や家事の休憩中にテレビやスマホを見る人もいますが、情報が入り続ければ脳が休むタイミングがなくなってしまいます。無意識に休めない習慣を作っている人もいるため、目を閉じて静かにしているだけで症状が良くなるケースもあるのです。

アイマスクをつけて仮眠をとるなど、工夫をするのもオススメです。

めまいがする場合は音にも注意が必要

めまいが頻繁にする場合は音にも注意が必要です。音量の大きい音楽や、甲高い音は脳に負担をかけてしまいます。

普段から音楽を聞くクセがあると負担がかかっていることに気づきにくくなることは、スマホの見すぎなどと同様です。常に音にさらされる環境の場合は、休む時に備えて耳栓を用意するのもおすすめです。

体力をつけることもめまい防止になる?

体力をつけることもめまい防止になる?更年期のめまい防止や休む時間を増やすことである程度防げる面があります。ただし、めまい防止を目指すばかりに体力不足になってしまうと、状況や環境に振り回されやすくなることに注意が必要です。

休むことを重視する余りに運動不足になってしまい、別な体調不良を起こしやすくなってしまうことがあるのです。

代謝を高めて睡眠の質を良くすることもめまい防止に役立つため、無理をせずに動けるときは動く習慣をつけた方がプラスになります。

激しい運動ではなく、ストレッチなどで体を伸ばすだけでもかなり効果を感じられる場合もあるのです。

休む時間の調整も重要になってくる

めまいを感じた場合に休むことは重要ですが、慎重になるばかりに休む時間ばかりが増えると更年期以外の理由でめまいがおきやすくなることがあります。

体力が低下することによって環境やストレスの影響を受けやすくなり、めまいや吐き気がおきてしまう場合もあるからです。

たとえば、仮眠にも注意が必要です。仮眠が30分を超えてしまうと、夜に眠れない可能性が高まってしまうからです。睡眠のリズムが乱れてしまって状況が悪化することもあるため、仮眠をする場合は短時間にするなど工夫をした方が良いのです。

タイマーなどをかけて仮眠の時間を調整するのもオススメです。

更年期における不眠・睡眠不足の原因と対処法
男性も女性も加齢に伴って不眠の頻度は高くなっていく傾向にありますが、女性の場合、特に閉経後に悩まされることが多いようです。 これは、更年期...

運動の習慣をつける場合は負担をかけすぎないこと

運動をすることで体力をつけることは、更年期のめまいにプラスになるといわれています。運動をすることで代謝が高まり、様々な神経の働きが整えられる場合があるからです。

注意したいのはめまいを感じている状態で無理に運動しようとしても逆効果になるということです。体調や体力に合わせて調整することは非常に重要で、体調が悪い場合は軽いストレッチにとどめるなど工夫が必要になります。

腹筋や腕立て伏せなど、数分程度の軽い筋トレを習慣づける人もいます。多少体を動かした方が体力の回復も早まるため、生活の質向上に繋がるケースもあります。

更年期障害 サプリ ランキング

関連記事

更年期に起きる嫌な頭痛!頭痛の種類と簡単にできる対処法

更年期に起きる嫌な頭痛!頭痛の種類と簡単にできる対処法

更年期にいきなり起きる「動悸・息切れ」|サプリを飲めば改善できる?

更年期にいきなり起きる「動悸・息切れ」|サプリを飲めば改善できる?

更年期はなぜやる気が起きない?倦怠感の理由と対処法について

更年期はなぜやる気が起きない?倦怠感の理由と対処法について

40代の生理は長引く?それとも短い?更年期の生理の特徴とは?

40代の生理は長引く?それとも短い?更年期の生理の特徴とは?

更年期における不眠・睡眠不足の原因と対処法

更年期における不眠・睡眠不足の原因と対処法

更年期(40代~50代女性)のイライラの原因と対処法

更年期(40代~50代女性)のイライラの原因と対処法