更年期(40代~50代女性)のイライラの原因と対処法

更年期(40代~50代女性)のイライラの原因と対処法

更年期にさしかかると、些細なことでイライラしてしまう方をよく見かけます。

これまでは他人事と思っていたのに、最近は自分も同じような状態に陥っている方も多いのではないでしょうか。あるいは、家族がイライラしがちになってきて、何とかイライラしない生活を送ってほしいという方もいるかもしれません。

更年期に入りイラつくことが増えるのにはきちんと理由があり、またその理由の対策も存在します。

そこで、どうしたら更年期に入ってもイラつかなくなるのか、どんな対策があるのかを確認することで、更年期に入る以前のように落ち着いた気持ちで毎日を過ごせるようになりましょう。

ちょっとした生活習慣の改善だけでも、更年期対策としてはなかなかの効果が期待できるものなのです。

更年期とイライラの原因

更年期とイライラの原因男性にとっても女性にとっても、ホルモンバランスが崩れることで更年期に入りイラつく頻度が増えてしまいがちです。特に女性の場合はホルモンバランスがより乱れやすく、それが原因で些細なことに怒ってしまう悪循環を生み出しかねません。

また、更年期というと60近い人特有の病気と勘違いしがちですが、人によってホルモンバランスが乱れ始める時期は多少異なるため、必ずしも60近くになってイラつき始めるわけではありません。

人によっては40代でちょっとしたことに起こり始める場合もありますし、まだ大丈夫だと考えずに原因を直視することで普段から更年期障害への対策を施すことが大切なのです。

また、イラつきなど心の症状だけでなく、疲労感が残ったりと体に影響が残りがちなのもホルモンバランスの乱れによる影響が大きいのです。

エストロゲンの減少が影響している

エストロゲンというのは聞き慣れない言葉かもしれませんが、これは女性ホルモンのことと考えて問題ありません。女性は歳を重ねるにつれてこのエストロゲンの分泌が少なくなり、ホルモンバランスが乱れてしまいます。

特に女性の場合は月経などもあり、ホルモンバランスが男性よりも乱れやすくなっています。また、単に起こりやすくなっているだけでなく、発汗頻度が増えている方もこのエストロゲンの減少が影響している可能性が高く、要注意です。

エストロゲンとは?更年期障害が起きるメカニズム
更年期障害の主な原因のひとつとして、「エストロゲンの減少」が挙げられることがあります。 エストロゲンは、卵巣から放出される女性ホルモンの一...

男性はテストステロンの減少

テストステロンとは男性ホルモンであり、エストロゲンと同様に男性の場合はこのテストステロンが減少することで更年期障害が発生します。

このテストステロンは認知能力にも作用しているとされ、記憶力が落ちたり人の顔や名前を覚えられなくなったりするのはこのテストステロンが減少することも影響しています。

夜眠れなくなったり、将来に対する不安が日増しに強くなっていく場合も、イラつきと同様にテストステロンが原因かもしれないのです。

男性更年期とは、加齢に伴う男性ホルモンの減少によりイライラした気持ちが募ったり、鬱状態になりやすい症状を指します。 日常生活に支障をきたす...

ストレスによる影響

男女両方に考えられる理由の一つは、やはりストレスです。ストレスは自律神経を狂わせ精神障害の原因にもなる厄介な存在ですが、何かとストレスの多い更年期はホルモンバランスの乱れによる更年期障害の後押ししてしまうのです。

若年性更年期障害もこのストレスが大きく影響しており、どの年代にとっても過度なストレスの溜め込みは心身ともに衰弱させかねないのです。

更年期障害に発生するイライラの対策とは?

更年期障害に発生するイライラの対策とは?主にホルモンバランスの乱れが原因であることは解説しましたが、果たしてどのような対策を講じればよいのでしょうか。何かと忙しい40代以降になると、更年期障害の対策に使う時間すら取れないかもしれません。

そのため、毎日の隙間時間を有効活用しながら些細なことにイラつかない状態に持っていきましょう。

サプリメントや漢方といった外部から補給することで対策する方法、生活習慣をちょっと改善してストレスを改善する方法など、更年期障害の対策はいくつもあります。

全てを一気に実践していくのではなく、生活に定着するように自分のペースで更年期障害を改善していきましょう。

サプリメントを飲む

最も時間を使わないのは、サプリメントを使った更年期障害対策でしょう。基本的には健康食品なので医薬品ほど人を選ばず、費用はかかりますが継続することで体の内側から不足している栄養を補給できます。

実際、更年期障害対策にフォーカスしたサプリメントはいくつも開発、販売されています。

更年期サプリランキングはこちらをご覧ください。

ただし、複数のサプリメントを併用していると特定の成分が補給過多になりかねないので、摂取しすぎないこともポイントです。

生活リズムの改善

当たり前過ぎて見逃しているかもしれませんが、生活リズムの改善は更年期障害対策に大きな意味を持ちます。特に朝日を浴びることで体内時計をリセットし、朝スッキリと起きられるようになります。

更年期障害はストレスや睡眠時間不足による自律神経の乱れも影響しているので、生活リズムをいずれは改善しないと更年期障害も回復が難しくなります。何にでもイラつくのは周囲だけでなく自分も苦しめてしまいます。

朝日を浴びるだけでそのイラつきを幾分かでも落ち着かせられるなら、非常に価値のある方法ではないでしょうか。

運動と食事による改善方法

運動と食事による改善方法運動と食事は健康に欠かせないものであり、意外と疎かにしている方の多いポイントでもあります。食事内容が偏っていたり、運動を疎かにしているようだと老化も早まります。

それが結果的に更年期障害のイラつきを加速させている原因かもしれませんし、億劫かもしれませんが、生活に運動を取り入れ食生活を改善して更年期障害を打破しましょう。

サプリメントも前述した通り対策として効果的ですが、やはり普段の食事を改善しなければ限界があります。夫婦揃って更年期障害対策をするのなら、一緒に運動をしたり食卓の内容を一緒に考えて改善することも出来ます。

家族全員が健康に過ごすためにも、この機会に改善できることは改善してしまいましょう。

運動とイラつき

より直接的にイラつきを排除し、更年期障害対策を行えるのが運動です。ウォーキングやジョギングした後気持ちがスッキリした経験は誰にでもあるのではないでしょうか。

運動は日頃のストレスを発散させ、心身ともに健康にしてくれます。

運動は体を鍛える目的で考えがちですが、更年期障害における運動は主にリフレッシュ効果を求めたものになります。

食生活とイラつき

イラつきを改善する代表的な成分は、やはりカルシウムです。カルシウムミネラルは心を落ち着かせる、自律神経を正常化させる効果が含まれています。

正しく更年期障害の原因にクリーンヒットした成分なので、積極的にこれら成分が配合された小魚などを摂取していきましょう。

また、女性の方は大豆イソフラボンが含まれている大豆食品をおすすめします。大豆イソフラボンは女性ホルモンとの相性がよく、互換性のある働きをしてくれるのです。

「イソフラボン(エクオール)」が更年期障害に効果があるといわれる理由とは?
女性の悩みの種となる「更年期障害」。概ね40代後半を過ぎると更年期に入り、女性ホルモン(男性ホルモン)の低下から、眩暈や不安感、手足のしびれなど...

漢方薬を服用する

食事とはちょっと違いますが、漢方薬による治療も効果的です。漢方は古くから疲労回復自律神経の改善に使われてきた薬であり、イラつきを抑えられる効果も期待できます。

何かと体力が落ちがちな現代人ですが、栄養ドリンクなどで元気を補給し運動に出かけるといった組み合わせも効果的でしょう。

この方法なら栄養ドリンクで漢方の効果を補給でき、運動によってストレスによる更年期障害をブロックできます。漢方はどれも同じではなく、それぞれの漢方にそれぞれの効果があるため、自分に適したものを選びましょう。

漢方は更年期の女性の大きな味方!オススメの漢方薬は?
更年期障害に対する治療方法は複数あり、ホルモン補充療法・プラセンタ注射・漢方薬が3大治療方法となっています。 注射に対して苦手意識がある人...
更年期障害 サプリ ランキング

関連記事

更年期における不眠・睡眠不足の原因と対処法

更年期における不眠・睡眠不足の原因と対処法

更年期の「不安・憂鬱」を解消する方法とは?

更年期の「不安・憂鬱」を解消する方法とは?

更年期障害の女性の多くが経験するめまい|原因とすぐにできる対処法は?

更年期障害の女性の多くが経験するめまい|原因とすぐにできる対処法は?

更年期にいきなり起きる「動悸・息切れ」|サプリを飲めば改善できる?

更年期にいきなり起きる「動悸・息切れ」|サプリを飲めば改善できる?

更年期障害「吐き気」|気分が悪くなる原因と対処法

更年期障害「吐き気」|気分が悪くなる原因と対処法

更年期になったら「冷え性」になった!更年期サプリを使えば治る?

更年期になったら「冷え性」になった!更年期サプリを使えば治る?