更年期にホットフラッシュ(ほてり・汗)が起きる原因と対処法について

更年期にホットフラッシュ(ほてり・汗)が起きる原因と対処法について

年齢を重ねるにつれて女性はやがて更年期を迎える事になります。個人差ももちろんありますが、更年期障害の症状としてイライラホットフラッシュなどの火照りが気になる方も多いです。

汗や火照りは女性なら普段の日常生活でも気にしてしまいますが、更年期にはさらに多くの汗をかいてしまう事があるので憂鬱になったり悩んでしまいます。

その他にも更年期に現れる症状は色々とありますが、見た目にはっきり出てしまうので嫌がる女性も多く居ます。

そこでホットフラッシュはどのような原因で起きるのか、またその原因からホットフラッシュへの対処法などを詳しくご説明致します。

ホットフラッシュの原因とは?

ホットフラッシュの原因とは?ホットフラッシュが起きる方の中にも症状が軽い方が居れば、重症化してしまう方も多いです。特に閉経前から多くなる症状ですが、突然顔が火照りはじめて気が付くと汗が止まらなくなり自分ではコントロール出来なくなってしまいます。

汗をかく場所としては顔や首周りから胸にかけて、場合によっては頭からも汗が噴き出してしまう方も居ます。これは暑い夏場に限らず、冬の寒い場所に居ても一人だけ暑く感じてしまったり汗をかいてしまう事もあります。

周りとの温度差のギャップに驚かれ、恥ずかしい思いをしてなかなか口に出せない女性も少なくありません。

ホットフラッシュの原因はいくつか存在しますので、順番に見ていきましょう。

自律神経の乱れ

自律神経とは交感神経と副交感神経があり、この2つをコントロールする事によって体の各機能が正常に働いています。交感神経は起きている時間帯に良く活動し、血圧や血管などの動きを活発化させる効果があります。

一方副交感神経では血圧や血管の動きを適度に緩め、リラックス効果を生み出す役割を果たします。この2つが正常に働かなくなってしまうと、急に体が火照り始め汗をかいてしまうのです。

また、日々のストレスを溜め込んでしまうことも自律神経が乱れてしまう1つの要因になります。特に更年期がある期間では症状の他にも些細な事でイライラしてしまったりする方が多く、さらに症状を悪化させてしまいます。

ホルモンバランスの乱れ

閉経後にバランスを崩してしまう理由として挙げられるのがこの女性ホルモンの分泌量の減少になります。今までは卵巣から女性ホルモンが分泌されており、足りない分を補う事でバランスを保ってきていました。

しかし閉経した事により、卵巣から女性ホルモンが分泌されなくなるのでバランスが崩れてしまいます。脳が指示しても分泌されない事から身体が混乱し、先程ご説明した自律神経の乱れにも繋がります。

この事から分かるように、ホルモンバランス自律神経は深く関わりを持っているのです。

ホットフラッシュが起きた時の対処法

ホットフラッシュが起きた時の対処法周りの目が気になる方は、特にホットフラッシュの症状を少しでも軽くしたり改善させたい方が多いでしょう。不調の原因となっている自律神経やホルモンバランスを整えるような対処法を行えば効果があります。

更年期に起きる不調も、病院や薬以外に正しくセルフケアを実践すれば改善させる事も可能になります。誰にでも実践可能なものから取り入れると、継続がやる気にも繋がりますので試してみる価値はあります。

更年期の期間も人によりますが、決してずっと続くわけではなくいつかは終わりを迎えますので安心してください。

もちろん個人差や症状の具合によっても異なりますが、対処法の内容について詳しくご紹介致しますので是非一度実践してみてください。

冷え対策に軽い運動をする

今すぐ取り入れられるものとして、有酸素運動などで身体を動かすというのが1つ目の対処法です。ホットフラッシュで汗をかくからといって身体を動かさないと、かえって身体が冷えて血液の流れリンパの流れも悪くなってしまいます。

全身を動かすことで代謝の改善や血液・リンパの流れも良くなるので冷えが改善されます。

すると自律神経の活溌時とリラックス時が交互にバランスよく働くのでホットフラッシュも改善される事があります。楽しく運動するのが目的なので、身体に負担を掛けるほどしてしまうと悪影響を与えてしまう可能性があります。

ヨガやピラティス、ウォーキング、ダンス、水泳などの全身の筋肉を使う運動であればより好ましいです。また、毎日継続していく事によって効果を実感する事が出来ます。

更年期になったら「冷え性」になった!更年期サプリを使えば治る?
更年期になると、性ホルモンの分泌量が減少してホルモンバランスが崩れ、更年期障害として各種症状が現れます。 中でも多くの女性が更年期障害とし...

食生活の改善で身体をサポート

食生活を変えるだけでも効果はあり、女性ホルモンや自律神経をサポート出来る栄養素を摂取する事で、身体が感じる負担を和らげることができます。

女性ホルモンに効果がある栄養として大豆イソフラボンがあり、女性ホルモンが乱れている若い方でもよく摂取している事があります。納豆、味噌、豆乳などに多く含まれているので普段の食事に取り入れてみましょう。

基本的には和食が日本人の身体の不調に効果がある食材が取り入られている事が多いので、意識して料理してみましょう。他にもビタミンE亜鉛なども女性ホルモンを整える作用があるので、出来る範囲内で摂取すると良いでしょう。

イライラや憂うつ、ほてりやのぼせ、発汗といった自律神経を乱す様々な症状を引き起こす更年期障害。 症状を緩和するためには、医療機関で治療を受...

ホットフラッシュが辛い時は病院へ

ホットフラッシュが辛い時は病院へ中には自分で耐えられないほどのホットフラッシュの症状で悩んでる方も居るでしょう。同じ症状を経験してみないと分からない事も多く、周りに理解して貰えない事からさらにストレスが溜まってしまいます。

このストレスによりさらに症状が悪化してしまう事が多く、改善されずに悪循環を呼んでしまう可能性があります。そんな時は思い切って病院の専門医に一度診てもらうことをオススメします。

症状が本当に更年期障害から来るものなのかどうか、また専門医に話すことで安心感を得ることも出来るでしょう。

病院へ行くのが不安な方も、内容を詳しくご紹介致しますので一緒に見ていきましょう。

何科に受診すれば良いのか

まずは更年期障害から来るものなのかを検査してもらう為にも、婦人科へ受診しましょう。もしご自身で更年期障害である可能性が高いと感じるようであれば、専門である更年期外来を受診すれば二度手間にならずに済みます。

大抵の病院では問診から始まり、症状のチェックから採点式で検査をします。次に内診がありますが、こちらは必ず受けなければならないという強制力は無く、あくまで勧められるだけなので嫌であれば断ることも出来ます。

更年期障害と一緒に女性特有のガンなども検査してもらえるので、年齢的にも気になるようであれば検査しておくと良いでしょう。

最後に血液検査を行えば大体の検査は終了になります。

更年期障害ではホットフラッシュといった身体的につらい症状から、不定愁訴といった精神的症状まで体と心の不調に悩まされます。更年期障害の症状の出現に...

費用や薬について

病院にもよりますが、ほどんどの場合保険が効くのでそこまで費用が掛かる事はありません。ただし、いきなり大きな病院を紹介状もなく受信してしまうと医療費が高額になりますので、まずはかかりつけの病院へ行きましょう。

もし病院で治療することを選択するのであれば、治療にも保険が適用されるので安心してください。治療法はホルモン注射塗り薬貼り薬内服薬漢方薬など方法も沢山あるので専門医と相談しましょう。

漢方薬の場合は日本で医療用に認められていないものがあり、こちらは保険が効かないので注意しておきましょう。

市販でも漢方薬が販売されているものもありますが、必ず効果が発揮されるとは言えないので一度受診することをオススメします。

更年期障害 サプリ ランキング

関連記事

40代の生理は長引く?それとも短い?更年期の生理の特徴とは?

40代の生理は長引く?それとも短い?更年期の生理の特徴とは?

更年期に起きる嫌な頭痛!頭痛の種類と簡単にできる対処法

更年期に起きる嫌な頭痛!頭痛の種類と簡単にできる対処法

更年期障害「吐き気」|気分が悪くなる原因と対処法

更年期障害「吐き気」|気分が悪くなる原因と対処法

更年期になったら「冷え性」になった!更年期サプリを使えば治る?

更年期になったら「冷え性」になった!更年期サプリを使えば治る?

更年期(40代~50代女性)のイライラの原因と対処法

更年期(40代~50代女性)のイライラの原因と対処法

更年期はなぜやる気が起きない?倦怠感の理由と対処法について

更年期はなぜやる気が起きない?倦怠感の理由と対処法について