更年期にいきなり起きる「動悸・息切れ」|サプリを飲めば改善できる?

更年期にいきなり起きる「動悸・息切れ」|サプリを飲めば改善できる?

更年期に入る年齢には個人差があり、閉経を迎える前後5年ずつが更年期と呼ばれています。女性ホルモンには複数種類がありますが、卵巣から分泌されているエストロゲンは、閉経が近づく頃になると急速に分泌量を減らします。

動悸・息切れが安静時にも突然起きてしまうのは、主に自立神経が乱れてしまうからです。

なぜなら、エストロゲンの分泌量管理は、脳の視床下部にある下垂体付近で管理されているものの、卵巣機能低下によりいくら命令を出してもエストロゲン分泌量は増えないからです。

更年期障害として動悸・息切れを起こした時に、別の病気による影響と区別するため、更年期障害として動悸・息切れが起きた時の対処方法を知っておき適切な対処を心掛ける必要があります。

更年期障害による動悸・息切れは原因を明確にしておくことが最優先

更年期障害による動悸・息切れは原因を明確にしておくことが最優先更年期障害による動悸・息切れは、脳の視床下部にある下垂体が混乱することが原因で発生する自立神経の乱れが原因です。

若い頃には下垂体から出されたエストロゲン分泌命令は、卵巣へ伝わり指示通りにエストロゲンが分泌されます。しかし、卵巣機能の低下は他の臓器とは異なり急速に進むので、下垂体がいくらエストロゲン分泌を促しても分泌量が増えなくなります。

すると、体内の女性ホルモンとしてエストロゲンの割合が下がり、卵胞刺激ホルモン・黄体化ホルモンとの血中濃度バランスが狂ってしまうわけです。

エストロゲンとは?更年期障害が起きるメカニズム
更年期障害の主な原因のひとつとして、「エストロゲンの減少」が挙げられることがあります。 エストロゲンは、卵巣から放出される女性ホルモンの一...

下垂体としては、命令どおりに分泌されないエストロゲンの量に混乱を来たして、同じ視床下部で管理している交感神経と副交感神経のバランスが崩れてしまいます。

自律神経失調症のみならまずは安心

特に激しい運動をしたわけでも無いにも関わらず生じる動悸・息切れは、自律神経失調症によっても起きますが、狭心症や心筋梗塞によっても起きるので、一度病院で検査をしてもらうと良いです。

自律神経失調症のみならば、交感神経と副交感神経の調節機能が、視床下部が混乱していることにより不安定となっていることが考えられます。

更年期障害特有のホットフラッシュが起きていれば、既に自律神経の乱れが発生していると自覚可能です。

過度にストレスを与えずに、落ち着いた生活が求められるので、日常的にストレスが溜まらないように心掛けると良いです。

更年期障害と自律神経失調症は実はとてもよく似ています。 ただそれぞれ原因となっているものや症状のあらわれる時期などにも違いがあるため、ある...

呼吸器や循環器に隠れた病気が見つかることもある

45歳前後で発生する更年期障害は、個人差が大きいために動悸・息切れが常日頃から発生していると、更年期だからと考えて、他の病気を見逃しかねません。

呼吸器や循環器に隠れた病気がある場合にも、動悸・息切れが発生することを知っておかなければなりません。更年期障害の自覚症状の中でも、動悸・息切れは大きめの症状となっているので、たかが更年期だからと侮ると狭心症や心筋梗塞を見逃す原因となります。

更年期障害を治療する際に、気になる症状を常に医師へ相談しておくと、専門家の立場から類似した病気を早期発見してくれる可能性が高まります。

軽度の動悸・息切れならリラックスを心がけよう

軽度の動悸・息切れならリラックスを心がけよう更年期障害による自律神経失調症が軽度ならば、動悸・息切れが発生した時にリラックスを心掛けることにより、症状を落ち着かせることが出来ます。

安静にしている時であっても動悸・息切れが発生したらどうしたら良いのか混乱してしまいがちです。しかし、更年期障害による自律神経の乱れだと分かっていれば、慌てることなく対処可能になります。

視床下部が混乱している状態を緩和すれば良いので、脳の疲れをとり副交感神経を調整する半身浴を心掛けるようにするだけでも、日常的なリラックス状態を身体に覚え込ませることが出来ます。

脳がリラックスしている状態を習慣づけて、自分でリラックス状態を思い出せる状態にすれば、自然に副交感神経が働いて動悸・息切れが収まるはずです。

深呼吸と腹式呼吸を心掛ける

更年期障害が起きる期間は、5年~10年と長いので、動悸・息切れの発生は交感神経が刺激されている状態だと知っておくと対処しやすいです。

交感神経を鎮めて副交感神経を活発化させるためには、深呼吸腹式呼吸を心掛けることで実現出来ます。更年期障害の症状が少ない男性は、腹式呼吸にて最初から呼吸している人が多く、女性ほど胸で呼吸する傾向が高いです。

急な動悸・息切れに対しては深呼吸にて対処し、なるべく腹式呼吸に慣れておくことが副交感神経優位に持って行くために日常生活で出来る方法になります。

アロマオイルの香りを取り入れてみよう

中高年女性にも人気があるアロマテラピーは、選んだ香りによりリラックス効果が期待出来ます。

香りに敏感な女性ほど、クラリセージやイランイランといったエストロゲンに似た作用をもたらす香りを取り入れることで、リラックス状態を維持出来ます。

自律神経の働きを落ち着かせるラベンダーの香りもアロマオイルとして有効ですが、天然アロマオイルを使った方が合成オイルよりも効果が高いです。

更年期障害の本格的治療は3種類に分けられる

更年期障害の本格的治療は3種類に分けられる更年期障害として動悸・息切れが頻繁に起きているならば、自律神経失調症に加えて精神神経症状まで生じさせるリスクがあるので、本格的治療に着手すると良いです。

更年期障害の発生原因は、エストロゲンが急激に減少することにより、視床下部が混乱を来すことですから、エストロゲンの減少を緩やかにすれば良いわけです。

内分泌系の調整作用が期待出来る方法ならば、ホルモン補充療法に頼る必要は無く、5年~10年に渡り続く更年期障害による症状を緩やかに出来れば問題ありません。

更年期障害の治療方法は、自分で自由に選ぶことが出来るわけです。

ホルモン補充療法

卵巣から分泌されるエストロゲンの量が急激減少するからこそ、エストロゲン分泌命令を大量に出すことになる下垂体が疲労します。

緩やかなエストロゲン量減少ならば、身体側で急激な変化を検知せずに済むので、更年期障害の症状として動悸・息切れといった急激な症状が出にくくなるわけです。

エストロゲンの分泌量は、血中濃度を測定すればすぐに分かるので、ホルモン注射を受ける量を徐々に調整して、更年期障害による症状緩和を目的に管理治療が出来ます。

定期的に医師の診断を仰ぐことが出来るので、安心して治療を受けられるわけです。

プラセンタ注射

ホルモン注射を打てない体質の女性ならば、代わりにプラセンタ注射による更年期障害を緩和出来ます。

プラセンタは、様々な栄養価を含みますが、内分泌系を調整する役割を持っている点に注目すべきです。内分泌系の調整を通して自律神経調整作用があるプラセンタ注射ならば、更年期障害と診断を受けることにより健康保険適用が受けられる病院もあり経済的です。

プラセンタ注射を受ける際には、ヒト由来のプラセンタを使っているか確認した上で受ければ、他の動物由来のプラセンタよりも副作用を心配する必要がなくなります。

漢方薬による治療

注射自体が苦手ならば、漢方薬による更年期障害の治療も行えます。体質に合わせて漢方により交感神経と副交感神経のバランスを整えて、動悸・息切れを防ぐことが可能です。

柴胡加竜骨牡蛎湯を使えば、動悸に対しても速やかに効き目を発揮するので、何度も動悸が起きて不安になった時に効果的です。

最近では、漢方を含んだ更年期サプリなどもあるのでオススメです。ある程度病院へ通院した後は、同じ漢方薬を継続して飲めば良いので、頻繁に病院へ通えない忙しい女性に適した方法となっています。

漢方は更年期の女性の大きな味方!オススメの漢方薬は?
更年期障害に対する治療方法は複数あり、ホルモン補充療法・プラセンタ注射・漢方薬が3大治療方法となっています。 注射に対して苦手意識がある人...
更年期障害 サプリ ランキング

関連記事

更年期になったら「冷え性」になった!更年期サプリを使えば治る?

更年期になったら「冷え性」になった!更年期サプリを使えば治る?

更年期にホットフラッシュ(ほてり・汗)が起きる原因と対処法について

更年期にホットフラッシュ(ほてり・汗)が起きる原因と対処法について

更年期の「不安・憂鬱」を解消する方法とは?

更年期の「不安・憂鬱」を解消する方法とは?

更年期はなぜやる気が起きない?倦怠感の理由と対処法について

更年期はなぜやる気が起きない?倦怠感の理由と対処法について

更年期に起きる嫌な頭痛!頭痛の種類と簡単にできる対処法

更年期に起きる嫌な頭痛!頭痛の種類と簡単にできる対処法

更年期障害の女性の多くが経験するめまい|原因とすぐにできる対処法は?

更年期障害の女性の多くが経験するめまい|原因とすぐにできる対処法は?