更年期障害と自律神経失調症の違い

更年期障害自律神経失調症は実はとてもよく似ています。

ただそれぞれ原因となっているものや症状のあらわれる時期などにも違いがあるため、ある程度理解しておくことは大切でしょう。どちらも症状などが似ているため判別しにくいこともありますが、更年期障害と自律神経失調症では対処の仕方も違ってきます。

間違った対処をしてしまうとなかなか改善されないこともありますので、最近調子が悪いなと感じたらこれまでの事を少し思い出し、どちらにあてはまるのか自分なりに検証してみるといいかもしれません。

また症状があまり改善されないようならクリニックなどを受診することも考えましょう。体の不調が続くと日常生活にも支障をきたしてしまうため、我慢しすぎないようにしましょう。

更年期障害とは?

更年期障害とは?

更年期障害は女性ホルモンの急激な減少にともないあらわれる体調不良の事を指します。

だいたい40代半ばから50代前半にかけて多くでますが、人によって出る時期や症状の強さなども違うためなかなかわかりにくい場合もあるかもしれません。

また中にはほとんど感じないという人もいれば、毎日いろいろな症状がでてしんどいという場合もあるようです。

だんだん年齢が近づくにつれ自分にどういった変化が訪れるのか不安になる人もいるかもしれませんが、そろそろかなと感じたら、体調管理などをして日々の変化をチェックしてみるといいでしょう。

またしんどい時は無理をせず、周囲の人に助けてもらうようにするなど周りの理解も必要になってきそうです。

更年期障害の主な症状

更年期障害の症状については様々なものがあげられます。女性ホルモンの急激な減少により自律神経の働きが悪くなるため、体のいたるところで不調を感じる人も多いようです。

神経系のものとしては、のぼせ、発汗、動悸、息切れなどの他、頭痛や不眠、不安、イライラなどがあげられます。人によってあらわれ方も違いますが、突然発汗したり動悸が起こると不安に感じることもあるようです。

またまたこのほかにも肌が乾燥してかゆみを感じたり、腰痛や肩こりなどもあるでしょう。

どれも日常の些細な事のように思えますが、これらがいくつも重なったり続くようだととてもしんどく悩みの種になっている人も多いでしょう。

更年期の症状と対処法についてはこちらで詳しくまとめています。

更年期障害の原因

更年期障害の原因は女性ホルモンの急激な減少です。今までは体内で作られていましたが、年齢と共にそれが減少してしまい体に不調がおこってくるというものです。

また女性ホルモンの減少については個人差があるため更年期症状を感じる年齢や度合いも人によって様々です。

この他こうした不調が起こるのは女性ホルモンが減少することにより自律神経の働きが乱れるためと言われますが、自律神経は人間が生きていくためにはとても重要な働きをしている場所です。

なので、人によっては更年期障害がとても辛いと感じる場合もあるでしょう。

更年期障害の原因は?予防と対処法について
多くの女性が経験すると言われている更年期。近年は男性の更年期障害も注目されつつありますが、やはり男性以上に辛い経験となるのが、女性の更年期障害で...

自律神経失調症とは?

自律神経失調症とは?

自律神経失調症とは自律神経の働きが乱れることで起こります。

自律神経は生きていくために必要な様々な事を行っており、たとえば内臓を動かしたり呼吸などがこれにあたりますが、私たちが生きていくためにはとても重要な場所でもありますので、働きが乱れると体調面でもかなりしんどい場合が出てくるでしょう。

また自律神経は交感神経と副交感神経にわけられ、それぞれバランスをとりながら機能していますが、何らかの原因によりそのバランスが崩れると体調が悪くなり、ひどくなると日常生活に支障をきたしてしまう場合もありそうです。

また不調を訴え病院などで検査をしても原因がわからない場合が多く、わかるまでに時間がかかってしまうこともあるでしょう。

自律神経失調症の主な症状

自律神経失調症の症状としてはいろいろありますが、頭痛やめまい、動悸、耳鳴り、立ち眩み、肩こり、またこの他にも発汗や疲れやすい、微熱が続く、イライラ、不眠、食欲不振や手足のしびれなどたくさんのものがあげられます。

なんとなく風邪の症状に似ていることもあるため、体調不良で済ませてしまう事も多いかもしれませんが、なかなかすっきりせずに悩んでしまう事もあるでしょう。

また自律神経は内臓の働きなどにも関係していますが、そうした部分も乱れるため腹痛や下痢、便秘などお腹にくることもあるでしょう。

症状については人によって差がありますが、痛みなどがひどくなるととてもしんどい場合もありそうです。

自律神経失調症の原因

自律神経失調症の原因としてはストレスなどが主に考えられます。

人は日々の生活の中でたくさんのストレスを受けながら生活をしていますが、それが多すぎると自律神経がバランスを崩してしまいます。

また中には何がストレスなのか気が付かない場合もあるかもしれません。睡眠不足や生活習慣なども含め見直してみるといいでしょう。

このほかに、女性の場合は女性ホルモンが減少する事によって引き起こされる更年期障害などが関係している場合もありますので、そちらも併せて考えてみるといいでしょう。

更年期障害・自律神経失調症のそれぞれの改善方法

更年期障害・自律神経失調症のそれぞれの改善方法

更年期障害と自律神経失調症は症状がとてもよく似ているため間違われることも多いでしょう。

ただ原因が違うためそれぞれにあった対処も考えなければいけないかもしれません。また女性の場合は年齢にもよりますが更年期障害からくる自律神経の不調も考えられます。

間違った対処をしないためにも自分の年齢や今置かれている環境、生活習慣などを含め様々な角度から見極めていく必要があるでしょう。また症状がひどくて辛い場合や少しでも早く治したい場合は自己判断せずに近くの病院で受診するようにしましょう。

辛い症状の中、1人で悩んでいてもなかなか改善できないこともありそうです。無理をせずしんどい時は誰かに相談をしたり頼るようにしましょう。

今は薬だけでなく漢方を取り入れているクリニックなどもあります。人それぞれあうあわないがありますので、いろいろと試してみるのもいいかもしれません。

たくさんの選択肢の中から自分に合った方法を探してみるようにしましょう。

更年期障害を改善する方法

女性ホルモンのバランスを整える食事として、亜鉛やビタミンE、また大豆イソフラボンの摂取などがおすすめです。

ただ1日当たりの摂取量なども重要ですのできちんと計算して毎日の食事に上手に取り入れるようにしましょう。ちょっとしたことですが、食事だけでも症状が改善されることもあります。

イライラや憂うつ、ほてりやのぼせ、発汗といった自律神経を乱す様々な症状を引き起こす更年期障害。 症状を緩和するためには、医療機関で治療を受...

またイライラを解消するために友達と話をしたり趣味をみつけるのもいいでしょう。このほか適度な運動なども効果的ですが、ウォーキングなど体に負担をかけすぎないようにすることも大切です。

毎日無理なく続けられるものを探してみましょう。

自律神経失調症を改善する方法

日常生活においてストレスの原因となっているものがないかどうかチェックしてみましょう。また睡眠や生活習慣などが乱れていないかも重要です。

このほか運動をすると自律神経の働きがよくなるため、体を動かす習慣をつけるのもいいでしょう。運動をすれば自律神経だけでなく体力づくりにもなりますし体調管理にも役立ちます。

ただ無理をするとそれ自体がストレスになってしまうため、しんどくない範囲で続けられるものにしましょう。

家から駅まで歩くというのでもいいので、無理なく少しずつ増やすようにします。

更年期障害 サプリ ランキング

関連記事

エストロゲンとは?更年期障害が起きるメカニズム

エストロゲンとは?更年期障害が起きるメカニズム

更年期高血圧とは?原因と対処法について

更年期高血圧とは?原因と対処法について

更年期障害の病院での検査と治療方法について

更年期とセックスの関係性について|女性ホルモンに影響はある?

更年期とセックスの関係性について|女性ホルモンに影響はある?

更年期障害に効果的な成分と食べ物

本当に更年期?閉経の予兆・症状・確認方法について

本当に更年期?閉経の予兆・症状・確認方法について