更年期高血圧とは?原因と対処法について

更年期高血圧とは?原因と対処法について

閉経に近づく40代からは、女性も色々な体の不調に悩まされるものです。ホットフラッシュや頭痛、イライラなど、更年期の症状には様々なものがあります。

更年期高血圧もそんな更年期特有の体の不調の1つです。30代までは正常な血圧で大丈夫だと思っていた女性も、40代になってから徐々に血圧が高くなる方もいます。

また、更年期に突入したとたんに血圧が高くなったり血圧が不安定になってしまうなどの症状が見られるようになり、更年期高血圧と呼ばれています。血圧が高くなればなるほど健康にも大きく影響しますし、生活習慣病のリスクも高くなってしまいます。

どうして更年期に入ると高血圧になってしまうのか、対処法があるのかなど、更年期高血圧について紹介しましょう。

更年期高血圧の原因とは?

更年期高血圧の原因とは更年期に入ると女性ホルモンのエストロゲンが大幅に減少してしまって、血圧にも影響を与えてしまいます。

エストロゲンは潤いやハリのある肌や髪を保ったり、カルシウムの流出を防いだりなど、美容にも健康にも深く関わりのあるホルモンです。血管や血流にも影響を与えてしまって、血管のしなやかさが奪われて全身の血行が悪くなりがちです。

そんなエストロゲンの減少で加齢によって普段から血圧が高めになったり、ホットフラッシュやイライラなど、更年期の体の不調に伴って血圧が高くなったりしやすくなります。

どちらのタイプでも、更年期を境にして高血圧になりやすいので充分に注意しなくてはいけません。

エストロゲンとは?更年期障害が起きるメカニズム
更年期障害の主な原因のひとつとして、「エストロゲンの減少」が挙げられることがあります。 エストロゲンは、卵巣から放出される女性ホルモンの一...

血管の柔軟性の低下

血管のしなやかさや弾力性が低下してしまうと、血管が硬くなって血流が悪くなります。血液中に中性脂肪悪玉コレステロールが増えてしまいますから、血液の粘度が上がって体全体の血液の流れが悪くなります。

また、血管内に脂質がたまって血液が流れるスペースが狭くなりやすいです。ドロドロした血液は流れにくく血管に圧がかかりますし、血管内が狭くなると血液が流れるのにパワーが必要になります。

エストロゲンの減少が原因で、血管の弾力性が奪われて高血圧になりやすいです。

脂肪が増えて血圧にも影響する

エストロゲンは脂肪を付きにくくする働きがありますから、更年期で減ってしまうと太りやすくなってしまいます。

脂肪が増えると血管の収縮や傷ついた血管の修復も行われにくくなりますし、代謝が低下してしまいます。血管の老化が起きやすく、血行が悪くなってしまって、高血圧につながります。

自律神経のバランスが崩れる

更年期のイライラや落ち込みなどは、ホルモンバランスの崩れが自律神経のバランスを崩してしまうことで起きてしまいます。

自律神経は血圧を正常に維持したり、血管の収縮を正常に保つ働きも持っています。自律神経の乱れが起きると、血圧をコントロールする作用や血管の収縮が正常に行われなくなり、高血圧になってしまいます。

ホットフラッシュイライラが起きた時に限って高血圧になるのも、自律神経のバランスが崩れているのが原因です。

更年期にホットフラッシュ(ほてり・汗)が起きる原因と対処法について
年齢を重ねるにつれて女性はやがて更年期を迎える事になります。個人差ももちろんありますが、更年期障害の症状としてイライラやホットフラッシュなどの火...

更年期高血圧を改善する方法

更年期高血圧を改善する方法更年期高血圧を改善するためには、更年期の症状を和らげながら、血圧を下げたり安定させるような方法を行っていくことが大切です。

体や心の不調が起きやすくなるのは生活習慣に大きく影響していますから、食事や運動などの生活習慣を見直すことから始めましょう。ストレスも自律神経のバランスが乱れてしまいますから、ストレスをためない、しっかり解消する生活がポイントとなります。

いつまでも健康な体を維持していくためにも、生活習慣の見直しは重要ですし、更年期の辛い症状を和らげるのにも役立ってくれます。

糖尿病や動脈硬化など、将来の生活習慣病を予防するためにも、40代からはしっかり生活習慣の改善に取り組んでいきましょう。

栄養バランスの整った食事と減塩

栄養の偏りがなく必要な栄養がしっかり取れるように、食事には気をつけましょう。中性脂肪コレステロールを増やしてしまう糖質や脂質は必要最小限にして、野菜などが不足しないようにするのがポイントです。

また、塩分が高いと高血圧になりやすいですから、減塩を心がけるようにしましょう。特に外食や市販の惣菜、お弁当は塩分が高いですから、なるべく控えて自分で料理するのがおすすめです。

体内のナトリウムの排出を助けてくれるカリウムを、積極的に取り入れていきましょう。

有酸素運動で血行促進

ドロドロ血液をサラサラにしてくれたり、血行促進効果や代謝アップに役立つのが有酸素運動です。中性脂肪がエネルギーとして使われやすくなりますから、血液がサラサラになって血圧を下げるのに役立ってくれます。

代謝が上がって全身の血行がよくなると、血管の壁にかかる圧が減ってくれますから、高血圧を予防してくれます。血管の老化を防いで健康な血管を保ちやすくなりますから、血圧も安定しやすくなります。

ストレス解消にも役立って自律神経のバランスが整ったり、肥満防止にも効果的です。

睡眠不足を解消して眠りの質を高める

睡眠不足だと体の回復力が落ちてしまいますから、更年期の症状も出やすいですし、血圧も高くなりやすいです。しっかりと体を回復させるためにも睡眠不足を解消してぐっすりと安眠するようにしましょう。

質のいい睡眠は血管の修復維持や、血圧を低下させるホルモンがしっかと分泌されるようになります。自律神経のバランスも整ってストレス解消にもなりますから、更年期のイライラなども起きにくくなります。

ストレスを解消してリラックスする

ストレスがたまることで自律神経のバランスが崩れ、興奮や緊張状態が続いてしまいます。ストレスをためないような生活を送ったり、その日のストレスはその日のうちに解消するのがポイントです。

自分の好きなことに没頭したり、思い切り笑ったりなど、自分がリラックスできることを楽しむようにしましょう。リラックス状態だと自律神経のバランスが整って、更年期のイライラや落ち込み防止にもなります。

更年期(40代~50代女性)のイライラの原因と対処法
更年期にさしかかると、些細なことでイライラしてしまう方をよく見かけます。 これまでは他人事と思っていたのに、最近は自分も同じような状態に陥...

更年期サプリを上手に活用

更年期サプリを上手に活用更年期サプリの中には、更年期高血圧にも役立つものがたくさんあります。ホルモンバランスを整えるタイプのものなら、更年期全般をサポートしてくれて、辛い症状が出にくくなり血圧も上がりにくくなります。

血行をよくするタイプのものなら、コレステロールや中性脂肪を下げて代謝をアップし、全身の血流をよくしてくれます。高血圧予防からダイエットまで幅広く効いてくれて、肩こりや腰痛、冷え性などの悩みも楽になります。

食事だけでは補えない栄養を補給できますし、更年期高血圧を効率的にケアできる優れものです。生活習慣を見直しながらサプリを上手に取り入れることで、しっかりと更年期高血圧対策ができます。

青魚に多いDHAとEPA

健康効果の高いDHAEPAは更年期サプリの中でも、血圧を下げるのに一番役立ってくれます。血液サラサラ効果がありますから、血行促進効果が高まって、血液中のコレステロールを減らすことができます。

血管の柔軟性を保ちやすくなりますし、血圧が下がりやすくなって全身のめぐりをよくしてくれます。青魚が苦手な人でもサプリなら飲みやすいですから、生活に取り入れていきましょう。

かんきつ類に多いヘスペリジン

ビタミンPの異名を持つヘスペリジンは、健康な血管を保てるようにサポートしてくれます。丈夫で傷つきにくい血管を保ってくれて、血圧を下げる働きも持っています。

血管の柔軟性を高めてコレステロールを減らし、血行促進にも役立ってくれます。かんきつ類に多く含まれていますが、まとめて効率的に取れるサプリメントを活用すると楽です。

更年期障害 サプリ ランキング

関連記事

エストロゲンとは?更年期障害が起きるメカニズム

エストロゲンとは?更年期障害が起きるメカニズム

更年期とセックスの関係性について|女性ホルモンに影響はある?

更年期とセックスの関係性について|女性ホルモンに影響はある?

更年期障害の病院での検査と治療方法について

更年期障害と自律神経失調症の違い

本当に更年期?閉経の予兆・症状・確認方法について

本当に更年期?閉経の予兆・症状・確認方法について

更年期障害に効果的な成分と食べ物