漢方は更年期の女性の大きな味方!オススメの漢方薬は?

漢方は更年期の女性の大きな味方!オススメの漢方薬は?更年期障害に対する治療方法は複数あり、ホルモン補充療法・プラセンタ注射・漢方薬が3大治療方法となっています。

注射に対して苦手意識がある人や、化学薬品を用いた治療に対して副作用を心配する人ならば、漢方薬は定期的な服用を行うだけで済むので手軽です。

漢方薬を取り扱う病院の処方を受ければ、健康保険適用にもなるので更年期障害の診断から処方に至るまで、漢方薬による治療を取り入れてみると良いです。

更年期障害の原因は、卵巣機能低下により女性ホルモンのうちエストロゲンが減少するために、他の卵胞刺激ホルモン・黄体化ホルモンとの血中濃度バランスが崩れることで引き起こされます。

エストロゲン分泌量減少が急激に発生するほど更年期障害は起きやすいので、緩やかにエストロゲンが減少して更年期障害が起きない程度の身体変化が望ましいわけです。漢方薬には効果により複数のタイプが存在するので、症状に合わせた使い分けを行えます。

では、漢方薬には具体的にどのような効果があるのでしょうか。

漢方に期待できる効果について

漢方に期待できる効果について病院の処方薬や更年期障害に効くとされる薬は、漢方薬の原料から抽出された成分が含まれていることが多いです。

漢方薬は毎日服用し続けてゆっくり効くというイメージを持つ人が多いですが、実際にはホットフラッシュ目眩に対して即効性を持つ漢方薬も存在します。

漢方の最大の特徴は、個人に合わせた処方が本来の姿であって、同じ漢方を別の人に使っても効果にバラつきが出る理由は、体質に合わせた個別処方が適しているからです。

漢方薬の効果は個人の体質により変わる

漢方薬が西洋薬と最も異なる点は、同じ効き目の漢方薬が複数の生薬配合により作られていることです。病院で処方される薬は、体重による違いはあるものの男女差や体質により使い分けられることはありません。

しかし、漢方薬では効き目が個人の体質により大きく差が出やすいので、本来は個人別に調合される薬です。

このため、調合薬として漢方薬が処方される際には、必ず本人のみが服用するようにと医師や薬剤師から指示が出ます。薬店で販売されている漢方薬ならば、個人差により特別効きすぎてしまわないように考えられて作られている状態です。

このため、個別処方の漢方薬は生薬配合量が多く、即効性があるタイプの漢方薬が多く存在しています。

漢方の世界で使われる証の考え方を知ろう

漢方の世界では、全く同じ症状であっても体質に合わせて調合することにより、副作用を抑えて効果が持続的に出るように工夫しています。体質を考える際に使われる考え方として、「証」があります。

証には「実と虚」・「気・血・水」という2種類の分け方を組み合わせて、身体の巡りを良くするために最適な生薬配合量を決めます。漢方の世界では、更年期障害を不定愁訴と呼んでおり、身体の巡りが悪くバランスが取れていない状態を差します。

バランスを調整することにより、不定愁訴により起きる症状を緩和するという考え方です。

更年期障害で発生しがちな月経異常・自律神経失調症・精神神経症状は、証の考え方から崩れたバランスを調整することにより、改善されると考えられているわけです。

実証と虚証とは何か

漢方独特の考え方として、体力がある人を実証、体力が無い人を虚証として治療方法を変えています。

実証とされる人は、体力がり筋肉質で暑がりの傾向があることから、血行が良いと考えられます。胃腸が強く便秘傾向にある人が多く、多少胃腸に負荷がかかる生薬を配合しても問題ない体質です。

一方、虚証とされる人は、痩せていて貧血気味であったり寒がりな傾向があります。筋肉量が少ないために基礎代謝量が低く、胃腸が弱いために下痢しやすい傾向です。まずは血の巡りを良くする生薬を配合して様子を見ながら身体のバランスを整えることが必要です。

薬店にて広く販売されている漢方薬には、実証と虚証向けの漢方薬が同時に販売されているので、効能が同じだからといって虚証の人が実証向けの漢方薬を服用すれば下痢をして体力が更に奪われるだけです。

体質を理解することから始める体質改善が、漢方薬を更年期障害改善に役立てるためには必要となります。

気・血・水を理解する

更年期障害を含む不定愁訴は、気・血・水という漢方の世界独特の考え方のうち、気や血の巡りが悪いことから起きていると考えられています。

漢方には、気・血・水という証の考え方があるので、全体を見てバランス調整を行えば、今現在苦しんでいる症状が緩和されるという考え方です。

■気
生命エネルギーを表し、臓器を動かしたり免疫力に関わる身体の基本と考えられています。気の異常により、だるい・疲れやすい・うつ・不眠・動悸・ホットフラッシュ・のぼせといった症状が表れるわけです。

■血
全身に栄養を運ぶ血液を差し、血が足りなければ貧血という状態ですが、単に血の巡りが悪い状態であっても血異常と考えられます。血そのものの不足と血行が悪い状態を区別して考え、漢方の処方に役立てます。

■水
血液を除いた体液全般を指すのが水という考え方です。体液の循環不良を引き起こすと、身体の一部に体液が偏る状況となり、末梢血管収縮型の更年期障害を引き起こします。冷えや目眩・むくみといった症状が発生する状態です。

更年期障害に対して気・血・水の考え方を導入すると、頭痛・肩こりは血の流れが滞る「お血」状態を差します。目眩・睡眠障害・耳鳴りは血が不足する「血虚」、のぼせ・だるさ・頭痛・動悸は気の流れが悪い「気逆」と考えて漢方薬を処方します。

この際に処方する漢方薬には、実証と虚証に合わせて2種類の漢方薬が存在するわけです。

代表的な漢方薬3種類で更年期障害のほとんどの症状をカバー出来る

更年期障害として表れる症状には、月経異常・自律神経失調症・精神神経症状の3タイプがありますが、日常生活で漢方により改善を期待する症状は、自律神経失調症・精神神経症状の2種類です。

自律神経失調症は、のぼせ、ほてり、ホットフラッシュと呼ばれる異常発汗、冷え性、血圧変化、身体的不調に伴うイライラを差します。一方で、精神神経症状は、集中力出来ない、不眠、精神的なイライラ、頭痛、目眩といった症状です。

更年期の各症状についてはこちらでまとめていますので、是非ご覧になってみてください。

更年期障害の改善で用いられる漢方薬3種類で、更年期障害の多くの症状をカバー可能となっています。代表的な漢方薬は、次の3種類です。

当帰芍薬散

体力が無い虚証体質向けの漢方薬です。血の巡りを良くするために、当帰と芍薬を主要生薬として配合し、むくみ、立ちくらみ、貧血、冷え性の改善に役立ちます。

更年期障害改善のために最も良く使われる漢方薬として知られています。

桂枝茯苓丸

体力がある実証体質向けの漢方薬です。桂皮、茯苓、芍薬を配合して、血の巡りを良くします。ホットフラッシュ・頭痛・体の痛み・肉体的な不調に基づくイライラ感を改善します。

末梢血管収縮型の更年期障害改善に効果的とされているので、実証体質だと分かっていれば使ってみると良いです。

加味逍遙散

比較的体力が無いやや虚証体質向けの漢方薬です。日により更年期障害の症状がバラバラな状態のために、当帰芍薬散・桂枝茯苓丸のどちらを服用して良いのか判断がつかない場合にも、まずは加味逍遙散を試して様子を見るといった使い方が出来ます。

ホットフラッシュ・精神的なイライラ感・抑うつ感を改善する役割があるので、肉体的な不調ではなく精神的なイライラ感が強い場合に適しています。

その他の漢方薬は短期処方で気になる症状を改善する

代表的な3種類の漢方薬は、毎日更年期障害が起きる期間中に継続して服用することが望ましいとされています。更年期障害の期間が閉経の前後5年ずつとされているので、合計10年間と考えると良いでしょう。

しかし、短期的に特定の症状が出た時には、気になる症状のみ改善するために別の漢方薬が処方されることが少なくありません。実際によく処方されるスポット的な使用が行われる漢方薬は、以下のような種類があります。

■柴胡加竜骨牡蛎湯
動悸に対して効果を発揮する実証向けの漢方薬です。精神的な不安や不眠に対しても効果的となっています。

■半夏厚朴湯
目眩やふらつきが多い時に効果的な虚証向けの漢方薬です。気が不足した気うつ状態の改善に役立つとされ、憂鬱とした気分を改善します。

■五苓散
実証と虚証に関係なくむくみが酷い時に服用可能な漢方薬です。水毒に対して効果を発揮して、余分な水分を体外に排出する役割を持ちます。頭痛・目眩・吐き気に対しても効果的で即効性が高いために、二日酔いの漢方薬として更年期障害以外でも活躍中です。

漢方はどうやってできる?

漢方はどうやってできる?漢方薬は、複数の生薬を薬効に合わせて調合して作られています。薬店でも購入可能な漢方薬は、生薬から抽出されたエキスを精製しているので、薬局で調合された漢方薬とは苦さや服用時の粉末サイズが異なるわけです。

長年の研究により培われた生薬の配合比率を基にして、生薬に含まれる成分のバラつきを抑えて製造されています。

エキスを抽出する医薬品GMP認定工場で完成品まで作られる漢方薬

薬店にて販売されている箱入りの漢方薬は、分包状態になるまで生薬の受け入れ・検査・成分抽出・配合までを一貫した管理下で製造されています。

生薬に含まれる薬効成分含有量は、実際にはバラつきが出るので、エキスの形で抽出した製造方法が成分の安定性につきものです。納品された生薬のうち、基準に満たないものは漢方製造に使われないので、安心して服用出来ます。

生薬として薬局に納品されて薬局で配合される漢方薬もある

医師の処方により薬局にて配合される漢方薬は、生薬の単位で薬局に納品されたものを薬局内で混ぜ合わせて配合します。個人の体質に合わせて生薬の量を微妙に調節出来るので、オーダーメイドで作られる漢方薬と考えて良いです。

薬店では取り扱われていない劇薬を含んだ漢方薬は、処方箋が必要な強い成分が含まれているので、市販薬では改善されない重い更年期障害を抱えている人に重宝されています。

医師の診察を定期的に受けながら、本人にとって最適な漢方薬を作れるので、本格的な更年期障害改善に役立つわけです。

漢方の1日の推奨摂取量

漢方の1日の推奨摂取量漢方の1日の推奨摂取量は、副作用が出ないように考えられて決まっています。漢方薬が市販薬として薬店にて箱売り出来る背景として、毎日継続して服用することで緩やかに効き目が表れるという考え方が世の中に浸透しているからです。

しかし、1日1包を服用するように指示されている漢方薬を、前日に飲み忘れたからといって2包まとめて服用することは望ましくありません。

なぜなら、漢方に含まれる生薬の中には、1日の許容摂取量が決められている成分があるからです。

生薬ごとの許容摂取量の中で最も厳しいものが基準となる

桂枝茯苓丸や五苓散に含まれる桂皮には、副作用として発疹と痒みが出ることがよく知られています。一方、加味逍遙散に含まれる甘草は、グリチルリチン酸ジカリウムを主成分としていますが、血圧上昇・むくみ・だるさを引き起こすわけです。

また、柴胡加竜骨牡蛎湯には大黄が含まれており、副作用として下痢と腹痛が起きることがあります。

更年期障害に関わる漢方薬だけでも複数の副作用がありますが、推奨摂取量は生薬ごとの許容摂取量よりも低く抑えられているので、一気に服用しない限り副作用の心配は僅かです。

医師が個別処方する漢方薬は、許容摂取量に近い量となることもあるので、医師と相談しながら副作用が現れた時には隠さずに申告する必要があります。

漢方の推奨摂取量は、毎日継続して服用しても安心な量を基準としているので、さほど気にしなくても問題ありません。

漢方に副作用はある?

漢方に副作用はある?漢方ならば副作用が少ないといわれていますが、薬店で販売されている市販品と薬局で調合される医師の処方箋が必要な漢方では話が異なります。

薬店にて箱売りされている市販品は、生薬エキスを抽出する方法が採用さているので、アレルギー体質による副作用のみを注意すれば問題ありません。

しかし、医師の処方箋が必要な漢方は、薬の飲み合わせ次第では副作用が強くなる時があると知っておく必要があります。

漢方の副作用はアレルギーに注意

漢方は生薬を使っているから副作用の心配が無いと考えている人がいますが、アレルギーについてはアナフィラキシーショック反応が起きることがあるので要注意です。

漢方で使われている生薬の中には、抽出した成分が西洋薬として病院で出される薬に含まれていることがあり、アレルギーは摂取許容量とは無関係に突然現れることがあります。

最低限副作用については確認し、気になる症状が現れた時にはすぐに医師の診察を受けることが望ましいです。

許容摂取量の範囲内で処方されるから薬の飲み合わせを申告しよう

生薬の許容摂取量は、実際の服用量よりも遥かに大きくなっていますが、更年期障害の治療として使う場合には薬の飲み合わせに注意しなければなりません。

なぜなら、漢方薬単体では副作用が現れなくても、更年期を迎える年齢になると、持病の治療を行ってる人が少なくありません。他に服用している薬との相互作用のために、本来は現れない強い副作用が出てしまうことがあるわけです。

漢方薬を初めて服用する際には、医師に現在服用している薬を全て明示して、飲み合わせチェックを受ける必要があります。更に薬局にて処方箋を提出する際にも再度薬剤師からチェックを受ければ、副作用の心配を大幅に減らせます。

漢方が含まれているオススメの更年期サプリ

七宝美人の口コミ・レビュー!期待できる効果なども掲載中!
30代後半頃から女性は代謝が低下してきたり、ホルモンバランスの崩れが起きやすくなります。閉経が近づくにつれて体の不調も強くなりますから、更年期に...
命の母Aに副作用はある?料金はどこが一番安い?
最近なんだかイライラして集中できない、体が冷える・火照るといったことはありませんか。それは体の冷えからきているのかもしれません。 女性の身...

更年期障害 サプリ ランキング