桂枝茯苓丸エキス錠|成分・効果・料金の詳細

桂枝茯苓丸エキス錠

急に顏がほてったり、のぼせたり、頭痛がしたり、汗がでてきたり、イライラしてしまったりと、以前はおだやかな性格だったのに、どうしてこうなってしまったんだろうと思う更年期の女性は多いかと思います。

ホルモン剤などもあるかと思いますがそのような治療だけでは様々な副作用も心配に思われている人もいることでしょう。そんな時に役に立つのが漢方薬とも言われています。

自然におだやかにきいていきます。個人差はありますが、もし体質にあれば効果が期待できることでしょう。

今回は「桂枝茯苓丸エキス錠」の詳細についてご紹介しましょう。

桂枝茯苓丸エキス錠の主な成分について

桂枝茯苓丸エキス錠の主な成分について桂枝茯苓丸エキス錠に含まれている主な生薬(成分)は下記の通りです。

  • 桂皮(ケイヒ)
  • 茯苓(ブクリョウ)
  • 牡丹皮(ボタンピ)
  • 桃仁(トウニン)
  • 芍薬(シャクヤク)

桂枝茯苓丸エキス錠の効果について

体力が中程度以上で、赤ら顔のかた、のぼせやすいのに足が冷えるような方、下腹部が張るような感じがする人に効果が期待できる漢方薬です。

月経異常や、ほてり、のぼせ、発汗、動悸、倦怠感、イライラ、不安、不眠、関節痛や腹痛などが気になるような更年期障害の症状が気になる人はもちろんのこと、頭痛、肩こり、めまい、にきびや、しみ、湿疹、皮膚炎、打ちみ、打撲傷、しもやけなど、各種皮膚のトラブルなどにも効果が期待できます。

桂枝茯苓丸エキス錠はどんな人にオススメ?

漢方でいうところの、「血(けつ)」がなんらかの異常で滞ってしまっている状態の体質の人で、「お血」と呼ばれる体質の方に特に向く漢方薬でおススメです。

具体的に言うと、舌の裏にある血管が青く太く目立って出てしまっているような体質の方です。血液がドロドロとして汚れてしまっている人に多いようです。

このような「お血」タイプの方の体質を改善する「駆お血剤(くおけつざい)」として知られ、内科や婦人科などでよく用いられています。

手足は冷えるのに顔がほてるような気になる症状がある方、肩こりがつらく頭が重く、生理痛などがある方、また体や顏にシミが多いような方にもおススメで、体質にもしあえば改善が期待できます。

ニキビやシミもましになり、更年期障害の症状も改善すれば一石二鳥になりそうですね。

桂枝茯苓丸エキス錠の飲み方は?

成人または15歳以上のかたは、1日2回、1回あたり3錠を、食前又は食間(食後2~3時間)に、水又は白湯で服用します。

食後に飲むと、効果が期待できないこともありますので注意しましょう。

また、漢方薬を含む他の薬を飲んでいる方、通院をしているような方は念のため飲んでよいのかどうかを医師か薬剤師などに相談してみましょう。

桂枝茯苓丸エキス錠に副作用はある?

桂枝茯苓丸エキス錠には正直なところ副作用はあります。どんな薬でもそうかと思いますが万が一体質に合わない場合には、副作用がでてしまうことがあります。

例えば皮膚疾患として、発疹や発赤、かゆみがでてしまうことがあります。また、消化器症状としては、食欲不振の症状が出てくることもありますので注意したいものです。

人によっては下痢や、肝機能障害の症状である、発熱、かゆみ、発疹、皮膚や白目が黄色くなる黄疸、褐色尿、全身のだるさ、食欲不振などの症状が出る場合もあります。服用後に、もしこのような症状があらわれた場合には副作用の可能性があります。

このような症状が出た場合には念のため、服用を中止して、桂枝茯苓丸をのんだことを医師や薬剤師、登録販売者などに相談するようにしましょう。

自己判断で飲み続けることは危険な場合があります。

桂枝茯苓丸エキス錠の料金について(返金保証の有無)

この桂枝茯苓丸エキス錠の料金は、1袋に180錠入っていて、定価(税込)で、5,373 円です。これは一般的な1回のみお届けの値段です。はじめて注文される方は、初回割引もあり、その場合の価格は税込で、3,218 円となっています。

定期購入では3か月ごとに3袋だと20パーセント割引、毎月1袋だと10パーセント割引などがありますので利用してみると良いでしょう。

開封してしまったものの返金保証などは今のところないようですが、商品到着後8日以内で新品未開封のものに限り返品や交換ができるようです。

無料カウンセリングのフリーダイヤルなどもありますので、気になる方は相談してみると良いでしょう。

桂枝茯苓丸エキス錠の総合評価

更年期障害の症状が気になる人にとって、この桂枝茯苓丸エキスは体質にあえば救世主となることでしょう。

また、にきびや、しみ、湿疹、皮膚炎、しもやけなど、各種皮膚のトラブルなどにも効果が期待できますので、更年期障害が気になるような中年期以降の女性にはもちろんのこと、若い方などでも皮膚疾患にお悩みの方には嬉しい漢方薬だと言えそうです。

更年期障害の症状緩和にはもちろんのこと、老若男女問わず体質に合えば重宝する漢方薬でしょう。実際に様々な医療機関でも処方されている人が多い薬です。

ただ、どのような薬品でもそうですが、体質によってピタリと合えば大変効果が期待できますが、もし体質に合わない場合には効果が期待できないばかりか、さまざまな副作用などが出てくることもあり、苦しまなければいけないようなこともあります。

筆者も、他の漢方薬を試したときに下痢に悩まされて使用を断念したこともありますので、副作用が起こるかもしれないという意識はしっかり持っておきましょう。