CATEGORY:更年期の症状

更年期障害の症状|原因と予防・対策方法について

更年期障害の原因は?予防と対処法について多くの女性が経験すると言われている更年期。近年は男性の更年期障害も注目されつつありますが、やはり男性以上に辛い経験となるのが、女性の更年期障害です。

ある一定の年齢に達したのを機に現れる体調不良に悩まされ、精神的にも体力的にも辛い経験をすることになります。

多くの女性が経験すると言われていますが、まったく経験することもないまま、その年齢を元気よく過ごせる女性もいれば、症状が重症化し、とても辛い思いをすることになる女性もいて、その症状の重さや期間も人それぞれです。

更年期障害を発症される目安には、45歳~55歳前後という年齢と、閉経から前後10年というものがあります。

この時期に女性として体に大きな変化が現れることが、更年期障害を発症する大きな原因です。

女性ホルモンの変化によって身体への不調が表れる

女性ホルモンの変化

更年期を発症する人が多いとされているこの時期は、女性が「閉経」を迎える時期でもあります。閉経を迎える時期も人それぞれですが、閉経が女性の体に与える影響はとても大きく、多くの人が閉経を迎えることで、何らかの体調の変化を感じることになります。

女性としての成熟期から、生殖不能となる移行期間がこの期間に該当し、閉経を迎えることで女性ホルモンの分泌量に大きな変化が現れる時期です。

女性にとって女性ホルモンといえば、月経を起こすための重要なホルモンですが、月経が終わり、閉経を迎えることで女性ホルモンの分泌量が低下し、バランスを崩してしまいます。

女性ホルモンがバランスを崩すことで、様々な体調不良を引き起こしてしまうのです。

エストロゲンの減少が大きな要因

女性ホルモンの1つでもある「エストロゲン」は、月経に深い関わりを持つホルモンです。
また、卵巣で作られるエストロゲンは、子宮内膜を形成することにより、妊娠や出産にも大きな関わりを持つホルモンでもあります。

性の成熟期とも言われる時期に、安定した分泌を繰り返すことで定期的な月経周期を営むことができ、より健やかに女性らしくあるための役割を果たします。

ですが更年期と呼ばれる時期に入ってくると、卵巣機能が低下することにより、このエストロゲンの分泌量が減少し、やがて月経が終わる閉経前後になると、さらに分泌量が急激に低下することになります。

エストロゲンとは?更年期障害が起きるメカニズム
更年期障害の主な原因のひとつとして、「エストロゲンの減少」が挙げられることがあります。 エストロゲンは、卵巣から放出される女性ホルモンの一...

更年期障害を起こすメカニズム

女性の体にとって大事な役割を果たすエストロゲンの分泌を促す役目は、脳の視床下部にあります。加齢により卵巣機能が低下してくると、脳の視床下部ではエストロゲンの分泌を促し、分泌量をコントロールすることができなくなってしまうのです。

その結果、脳の視床下部は混乱し、やがて自律神経の乱れまで引き起こすことになりますが、このような混乱が原因となって発症してしまうのが、更年期障害の症状です。

脳と卵巣との間でやり取りされる信号がうまく機能しなくなることで、更年期障害が引き起こされてしまいます。

更年期に起きる様々な症状

更年期障害の症状

エストロゲンの分泌がうまくいかなくなった女性の体は、やがてホルモンバランスを崩してしまうことで、更年期障害の不快な症状を発症することになりますが、不快な症状は人それぞれであり、出る症状や感じ方も人それぞれです。

また女性ホルモンの分泌は、精神的なものとも密接な関係にあるため、更年期障害は体だけでなく、心にも症状が現れ始めます。

体だけに体調不良が現れる人もいれば、精神的な症状だけが現れる人もいますが、体力的にも精神的にも辛い症状に見舞われる人ほど、更年期障害が辛いものとなってしまうのです。

体調不良の症状

更年期障害の不快な症状には、種類がたくさんあります。

これらの症状は「不定愁訴(ふていしゅうそ)」とも呼ばれ、体調不良を訴え病院などで検査をしても、はっきりと原因がわからないものがほとんどです。

更年期障害の代表的な症状として、多くの人が感じる症状には下記のようなものがあります。

ホットフラッシュ
(ほてり・汗)
特に何かしている訳でもないのに発汗やほてりが出る症状です。いわゆるホットフラッシュです。
他の症状に比べて見た目に出やすいので、悩んでいる女性が多いです。
めまい ひどい生理痛がある方は体験したことがある方も多いはず。
めまいは転倒に繋がる危険があるので注意が必要です。
吐き気 吐き気の原因は睡眠不足やストレス、食生活などが影響しています。
ある程度原因を突き詰めることで症状を和らげることができます。
頭痛 頭痛には片頭痛や緊張型頭痛など、様々な種類が存在します。
頭痛は脳に関わる病気の可能性もあるので、より注意が必要です。
冷え性 冷え性は他と比べると解決方法が多い症状と言えます。
半身浴や運動、サプリなどを取り入れることで解決できることがあります。
動悸・息切れ 呼吸器系は更年期の症状かどうか分かりづらい部分があります。
症状がひどい場合は病院へ行きましょう。
生理不順 更年期に入ると、今までよりも生理が長引いたり短くなったりします。
更年期障害に大きくかかわっている部分ですね。

 

精神的な不快症状

また、上記のような体調不良以外に、精神面にも変化が現れることがあります。精神的に辛い思いをすることで、肉体的な辛さを倍増させてしまうこともあり、決して軽視できないものばかりです。

更年期障害の精神的な症状としては、下記のようなものがあります。

不眠・睡眠不足 不眠の症状にはいくつかのタイプがあります。
寝つきが悪い、何度も目が覚めるなど、大きな精神的ストレスとなる症状の一つです。
倦怠感 何事にもやる気が起きなくなってしまいます。
周りから、「本人の気持ちの問題」と思われてしまうのがこの症状の辛い部分です。
不安・憂鬱 何をしていても気分がネガティブになってしまいます。
これが毎日続くとどんどん気持ちが滅入ってしまうので早めに対処する必要があります。
イライラ・ストレス 無性にイライラして、旦那や子供に強く当たってしまいます。
イライラは身体にストレスを蓄積する大きな要因です。

 

自覚症状をチェックする

更年期障害は自覚することで、対処できることがたくさんあるため、できるだけ早く自分の自覚症状に気づくことも大事です。

自分が更年期障害を引き起こしているかもしれないと感じた時には、チェックリストなどで、自分の症状と照らし合わせてみることで、その答えが見えてきます。

チェックリストには下記のような項目があります。

  1. 月経の周期に変化が見られる
  2. 眠れない日があったり、眠れても睡眠が浅くなったと感じる
  3. 眠気を感じることが多く、いつも気だるい
  4. 疲れがなかなかとれず、倦怠感を感じることが多くなった
  5. 冷え症がひどいのに、寝汗や冷や汗などの汗をたくさんかくようになった
  6. 自己嫌悪に陥ることが増えた
  7. 感情の起伏が激しく、コントロールできない

上記のような変化が体に現れている時には、更年期障害を発症している可能性が高くなります。

更年期の症状への対策と予防

更年期障害の対策と予防

チェックリストなどで自分の症状をチェックし、症状が多くあてはまるような場合は、何らかの対策を講じることで、症状を軽くすることが可能です。

症状の現れ方や感じ方は人それぞれであるため、まずは自分の症状をはっきりと確認し、自分にあった更年期障害の対策をとる必要があります。

自分だけがこのような不快な症状に見舞われているのだとふさぎこまずに、他の女性も同じ経験をしていると思うことで、気持ちが軽くなるはずです。まずは焦らずにじっくりと自分の体と向き合うことで、自分にあった対策が見えてきます。

精神面に負担をかけないように意識する

更年期障害による症状を自覚したら、まずは気持ちの面から自分の体と向き合ってみます。自分が楽しいと思えることや、好きなこと、打ち込めることなどを見つけることで、症状を軽くできる可能性が高くなります。

年上の経験者の話を聞いてみたり、同じ時期に同じ症状に悩まされている人たちと話をすることで、心がとても楽になるものです。

落ち込んだり焦ったりする時には、無理をせず「今はこのような時期だから仕方ない」と受け入れることも大事です。

運動や食事で身体の不調を改善させる

更年期障害の症状で体調不良だからと、家の中に引きこもってばかりいては、症状はなかなか改善されません。あえて外出する機会を増やし、適度な運動をすることも改善策の1つです。

無理をしない程度に、体が心地よいと感じるレベルの運動をすることで、心も次第にリフレッシュすることができ、ストレスを解消することもできます。

さらには慢性的な運動不足も解消でき、血行不良やむくみといった女性特有の体の悩みも改善されることで、次第に更年期障害の症状も軽減することができます。

食事療法として、女性ホルモンの働きを助けるような栄養素を積極的に取り入れることも対策の1つです。大豆イソフラボンなどの栄養素や、サプリメントを積極的に摂取することで、機能的な働きを助けることができます。

イライラや憂うつ、ほてりやのぼせ、発汗といった自律神経を乱す様々な症状を引き起こす更年期障害。 症状を緩和するためには、医療機関で治療を受...

無理をしないことが最も大切!

どうしても辛い時には、無理をして頑張りすぎないことも大事です。医療機関を頼り、薬による治療を施してもらうことも、更年期障害を乗り切るための1つの方法であり手段です。

頑張りすぎることで、反対に辛くなるようであれば、ストレスが溜まり症状を悪化させてしまうことにもなりかねません。

医療機関においても、更年期障害を医療的観点から治療する方法が積極的に行われています。辛い時は医療機関を頼ったり、誰かに甘えてみることで、できるだけ心を楽にすることを心がけると、必ず出口が見えてくるものです。